幼児・子どもと放射能について

幼児・子どもと放射能について

幼児や子どもに対して大人より放射能の危険性が高いため、両親たちはとても心配なのではないでしょうか。

目に見えない放射能だからなおさら不安も大きいのではないでしょうか。 そこで、幼児や子どもが毎日口にしている食に対してどうしたらいいのか。放射能汚染されていない野菜や食品を食べるようにしなければなりません。

そのためには、野菜や食品の生産地確認、放射性検査結果の情報をしっかり開示している企業やお店から購入するしかありません。だから、両親が正しい知識をもって対応する必要があります。

さらに、朝、昼、夜の食事以外にも注意する必要があります。幼児や子どもが大好きなお菓子や乳製品なども頻繁に口にすることが多いため気をつけなければなりません。

放射能検査対策をしているか確認する方法

だから、販売しているお菓子会社や乳製品会社がどのような放射線検査対策をおこなっているか、どのように放射能対策をおこなっているのか確認したほうがいいかと思います。

確認方法は公式サイトなどで消費者に開示していると思われます。この他にも、外食産業も幼児や子どもが口にする可能性が高い業界です。

また、企業によっては放射線検査結果が国が定めた暫定数値以下であれば積極的に原発被災地の野菜を使用すると表明している企業も多くあります。

この他にも、野菜宅配企業などは幼児や子どもの食の安全を第一優先に考え放射線検査をより厳しくおこない、幼児や子どものための食材コースなどを作ってより安全で安心な野菜や食品を販売している企業もあります。

このように、放射能対策に関して、企業によってさまざまな考え方があり対応がされています。

最終的には幼児や子どもの両親がどのような考え、基準で判断し幼児や子どもに与え放射能から守ってあげなければなりません。

↑上に戻る