消費者の立場から

消費者の立場から

このように調べてみてわかったことは、野菜宅配企業(おいしっくす、らでぃっしゅぼーや、大地を守る会)は、「放射能暫定基準値・検査体制・検査結果の公表」この3つの軸に各社独自の厳しい体制でのぞんでいる事がわかりました。

毎日食べる野菜や食品だから真剣に考えてもいいのではないでしょうか。
また、考えるべきではないでしょうか。

ただ、あまり神経質になりすぎるのもよくありませんが、自分や家族の健康はやはり自分で守っていかなければなりません。

幼児や子どもがいる家庭は特に心配ですよね。
しかし、むやみに怖がりパニックにならないようにしなければなりません。そのためには正しい知識をまず持つことが大切であり、正しい知識をもとに判断をしなければなりません。
どのように消費者は対応しなければいけないのか。

野菜をおいしく食べる為に気をつけること

  • 信頼できるサイトや雑誌、書籍などで正しい知識をみにつけましょう。
  • 幼児や子どもの場合、大人よりも影響力が大きいため、しっかり管理しなければなりません。
  • 月日がたつと誰もが放射線に対して意識がうすくなってしまうため気をつけなければなりません。
  • 野菜宅配企業は取り扱っている野菜や食品の情報自社の公式サイトに公開されているため、わかりやすく納得して購入することができます。
  • 安心・安全な野菜として念のためしっかり洗って水で流すようにすると良いでしょう。
  • 実店舗のスーパーで購入する際は産地などや公開されている情報を確認し、表示がなければ確認をとってから購入するとよいでしょう。
  • いかがですか。野菜と放射能の問題はなかなか解決することができないかもしれませんですが、放射能に対する意識をつねにもって野菜や食品を購入することができれば大丈夫です。

↑上に戻る